ゲームレビュー 十三機兵防衛圏

どうも管理人です。
今回のレビューはお気に入りのデベロッパーの一つ、ヴァニラウェアが開発したコレ。

【PS4】十三機兵防衛圏 プロローグ(体験版)
発売日予定 2019年秋予定 
販売または開発 ヴァニラウェア
ジャンル アドベンチャー
レビュー時点のプレイ時間 約2時間

お布施の意味も込めてパッケージ版を購入しました。現在は体験版ということでゲーム本編の発売日はまだまだ先ですが、どんなゲームか楽しみにしていました。てなわけで最初から若干ハードルが上がっている感もありますが以下、レビュー。

グラフィック ・キャラクター

タイトルの通りメインは13人のキャラクターです。体験版では各10分程度の触りを遊んでもらいこんなキャラクター達が登場するよ、覚えてねって感じでした。今回のキャラクターデザインは普段と違い社長ではないのですが、ヴァニラウェアっぽい雰囲気の絵柄。なのでヴァニラウェアのゲームとして全然違う!なんて違和感はありません。全体的に淡い感じの色使いで、世界観も相まってノスタルジックな感じです。背景も描き込まれており、光の表現が独特で2Dならではの空気感が漂っています。また、ヴァニラウェアといえば食べ物の描き込みへの執着が凄いですが、体験版では焼きそばパンができます。が、過去の作品に比べるとさほど描き込まれていないように思えます。

ゲームシステム

体験版だけをみる限りでは特に目新しいシステムやアイデアは無く、かなりオーソドックスなタイプのアドベンチャーゲームだと思います。特に何の仕掛けもないのかなぁといった印象。 相手に対して話題を選択し総当たりでフラグを立てていくだけ。一本道のシナリオなのか、選択肢で何か分岐などがあるのかは現時点では分かりませんでした。このゲームシステムならば、ノベルゲームでも良いのではと感じました。

ストーリー

ストーリー重視のアドベンチャーゲームのようなので、ネタバレになるような事は極力避けたいです。が、体験版は各キャラクターの触りだけですが、大筋としてこんな話だよってのがわかります。ただそれ自体は良く見かけるもので目新しさは全くないので、多くのキャラクターを用意した群像劇ならではの展開を期待したいと思います。

総評

ゲーム的には目新しさは全くない。後は売りであるグラフィックは他の作品にないものなのでそこを伸ばした上で、ストーリーが面白いと思うような物であれば十分満足出来ると思います。ただ、今まではアクションゲームをメインに作ってきたメーカーのため、今までの作品ではストーリーが面白かったというほどの物はなかったかなと思っており、あくまでもアクションゲームのオマケに過ぎなかったと個人的には思っています。アクションゲームからの脱却を計ったヴァニラウェアがどんな作品を作りたかったのか、本編の発売が楽しみです。

コメント